Menu
FEATURE / LIFESTYLE / TRAVEL

アートを買う楽しみを身近に。「Saratta」バンコクのアートスポット

先日泊まってきたリノベーションホテル「RENO HOTEL」の1階には、小さな現代アートのギャラリー「Saratta」があります。

バンコクのデザイン事務所「Unplan」が運営するギャラリーで、小さなスペースですがタイで注目されるアーティストの作品を多数取り扱っています。

Saratta(1st floor, RENO HOTEL)
40 Kasem San 1 Alley, Khwaeng Wang Mai, Pathum Wan District, Bangkok 10330
営業時間:火曜〜土曜 9:00〜18:00
https://www.facebook.com/saratta.space

オーナーのBowさんはタイ国政府観光庁の仕事なども手がける実力派のグラフィックデザイナーで、自身もアートのコレクターです。

暮らしを彩るエッセンスのひとつとして、アートを飾ることをもっと身近に感じてほしいという想いから、このギャラリーをスタートしたそう。「Saratta」という名前はサンスクリット語で「エッセンス」を意味する言葉なのだとか。 

アーティストのアトリエから直接買い付けてきたオリジナルのアートワークや、「Saratta」限定のリソグラフが買えるのが特徴。

Gongkan、Nut.Daoらタイで人気の現代アーティストの作品が、リソグラフで1枚500B〜と手頃なお値段で購入できます。

昨年、「YELO House」のギャラリーで個展をされていたPamda Bureさんの作品もありました。

バンコク・センセープ運河沿いのアートスペース&カフェ「YELO House」
YELO Houseでの展示風景。

このビーチの作品、すごく好きだったんですよねぇ。やっぱり買おうかなぁ…。

ポストカードや雑貨もセンスの良いものがたくさん置いてあり、インテリアのアクセントに買い求めたくなるものばかりです。

私はNut.Daoの「embrace your memory」という4枚のリソグラフのシリーズから一点を購入しました。飾ってあった額も素敵だったので、同じセットで購入。額装込みで1,700Bでした。

Nut.Daoさんのことはこのギャラリーで知ったのですが、「Somtam Convent」の壁画や、その他多数の広告イラストレーションなどでよく目にしていた方でした。良い買い物ができて本当によかったです!

ギャラリーの方は親切でアートに情熱を持っている人ばかりですので、ぜひいろいろと相談しながらお気に入りのアートを見つけてみてくださいね。

【インスタで読むバンコクおさんぽマガジンDii Bangkok vol2掲載】

About Author

東京で20年間、女性誌やWEBメディアの編集者をしていました。2019年7月よりタイ・バンコクに移住。ゆるゆるとブロガー/ビデオグラファー修行中。

No Comments

    Leave a Reply

    CAPTCHA