Menu
FEATURE / FOOD&DRINK / バンコクおしゃれ飯

インテリアが素敵な南イタリアレストラン「Mediterra Restaurant Bangkok」@アソーク

約2ヶ月の長いステイホーム期間を経て、ようやく飲食店のイートインやショッピングモールなどの営業が再開されたバンコク。食レポがメインだったこのブログもすっかりネタがなく、開店休業状態でしたが、これから少しずつまた更新していきたいと思っています。

今回紹介するのは、BTSアソーク・MRTスクンビット駅からも近いソイ23で、5月17日にオープンしたばかりの南イタリアレストラン「Mediterra Restaurant Bangkok」です。

Mediterra Restaurant Bangkok
No, 14 Soi Sukhumvit 23, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110
営業時間:火曜〜日曜 11:30〜14:00、17:30〜20:30
月曜定休
https://www.facebook.com/mediterrabkk/

オーナーシェフで、イタリア南部プーリア出身のディエゴさんがオープンしたこちらのお店。ご本人がいらっしゃったのでお話を伺うと、元々はソイ21で別のイタリアンレストランを5年間経営した後、去年そちらのお店をクローズしてこちらの開店準備をしていたのだそう。

店内は1階が2つのゾーンとガーデン、2階は個室とパーティースペースになっており、全部で150席とかなりのキャパシティを誇る邸宅レストランです。

ディエゴさんがこだわったというシチリア風のガーデンテラス席へは、可愛いグリーンの扉からアクセス。最近、シチリアが舞台の映画『ゴッドファーザー』を観たばかりなので、期待が高まります!

アソークの中心部とは思えない、このシチリア感(行ったことないけど…)! ガーデンの植栽は、ナコンパトムの人気カフェ「Little Tree」のオーナーさんが手がけています。

現在のバンコクは日中の気温が35度超えなので、ここで落ち着いて食事をするのは難しいですが、夜や乾季ならきっと快適だと思います!

Mediterra Restaurant Bangkokのメニュー

COZZE THB 380

ムール貝とフレッシュトマト、ジャガイモの入ったアラビアータソース。パスタはマッケロンチーニです。ハーブの効いたホクホクのジャガイモが美味しい…!

こちらのレストランはパスタやパン、ピザなど全ての生地を手作りしているそう。モチモチ弾力のあるパスタに濃厚なソースがよく絡み、昼からワインを飲みたくなるしっかりした味付けでした。

お料理を頼むと、フォカッチャやグリッシーニも無料で付いてきます。オリーブオイルはシチリア産の希少なオーガニックのものを使っているそうで、とてもフルーティで美味しかったです。

カンノーリ 

そして『ゴッドファーザー』にも登場し、強面のシチリアマフィアが愛して止まない郷土菓子、カンノーリもデザートメニューにラインナップされています。

上品な甘さのリコッタチーズクリームに、ピスタチオとダークチェリーを絡めて食べると、もうシチリアにいる気分…。バンコクで食べることができてとても嬉しかったです!

食後に親切な店員さんが店内を案内してくださいました。キッチンには薪の立派なピザ窯が! 次回はぜひピザも食べてみたいです。

2階はプライベートパーティにもぴったりなくつろげるスペースになっています。

DJブースとオーディオセット、レコードはこのレストランのイタリア人マネージャーのコレクションだそう。週末は選曲をしてくれるようですよ。レコードのチョイスも好みな感じだったので、ぜひいつか聴いてみたいです。

扉で仕切られた10人ほど入れる個室スペース。南欧をイメージした壁画が素敵です。

こちらのカウンターでは、今後ワインテイスティングのイベントなどもやっていきたいと考えているそうです。これだけの広い空間なので、様々なシーンでの利用が考えられそう。

ランチセットなどはないので、できれば3〜4名くらいで行った方がいろんな料理を楽しめると思います。バンコクでいろいろなイタリアンレストランに行きましたが、ここは今後結構な頻度でリピートしそうなくらい、お気に入りの一軒になりました。

About Author

東京で20年間、女性誌やWEBメディアの編集者をしていました。2019年7月よりタイ・バンコクに移住。ゆるゆるとブロガー/ビデオグラファー修行中。

No Comments

    Leave a Reply

    CAPTCHA