【バンコクおしゃれカフェ】歴史的建造物をリノベ。王宮エリアのカフェ「The BHUTHORN coffee & history」

王宮周辺のサームプレーン地区というエリアを先日お散歩してきました。この辺りは、かつての宮殿の跡地に道路が整備され、コロニアル様式のショップハウスが並んで建てられたそうで、近代バンコクの街並みの元祖とも言える地区です。

仏具関係の店が多いバムルンムアン通りと、古い商店や屋台の並ぶプレーン・プートン通りが交差する角地に、たくさんの植物に囲まれた素敵なカフェ「The BHUTHORN」を見つけたので、ブログでレポートしたいと思います。

The BHUTHORN coffee & historyへのアクセス

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

王宮やワット・プラケオから徒歩10分くらいの距離です。観光の合間に少し休憩するのにもぴったりの場所です。

The BHUTHORN
96-98 Phraeng Bhuthorn Rd. ,San Chao, Phor Seua, Khwaeng San Chao Pho Sua, Khet Phra Nakhon, Bangkok 10200
http://www.thebhuthorn.com/
営業時間:7:30〜17:00

The BHUTHORN coffee & historyのストーリー

こちらの建物は、1906年からタイ王室財産管理局(The Crown Property Bureau:CPB )の管理下にある建物のひとつで、現在はその歴史的価値を残したままリノベーションされ1階がカフェ、2階が3部屋のブティックホテルとして営業しています。

タイの美術局にも登録されているため、改修には厳格なルールと手順が採用されたそう。元々のショップハウスの構造にあった石造りの壁や、木製の床や窓、屋根や軒にあしらわれたレース模様の装飾(ジンジャーブレッド様式)が当時のまま残されているようです。

オーナーの二人はどちらも建築家で、古いバンコクの雰囲気を再現するためタイの織物やアンティーク家具で空間をデコレーションしています。置かれている小物は全て二人のコレクションなのだそう。

本物のアンティークが持つ迫力や風合いは、やはり目を見張るものがあります。この歴史的な建物の中にあるからこそ、両者の魅力が引き立ちます。

タイの三大陶器と言われる「ブルー&ホワイト」の花瓶に活けられた蘭の花がエレガントでセンス抜群!美しく目の保養になります。

The BHUTHORN coffee & historyのメニュー

こちらのカフェのメニューはドリンクのみです。ホテルの宿泊者用に朝食は提供されていますが、カフェは二組のテーブルしかないとても小さなスペースなので致し方ないのかなと思います。

タイアイスティー 80B

ドリンクはコーヒーと紅茶、ソーダなど全部で15種類。60B〜120Bとこの雰囲気にしてはとてもリーズナブルだと思いました。

とても暑い日で歩き疲れていたので、甘いタイアイスティーを注文。すると、お茶請けにスコーン&イチゴジャムがサービスで付いてきました。ピンクのお皿も可愛いです。

ホテルの部屋を見ることはできませんでしたが、公式サイトの写真を見ると、伝統的なタイ式インテリアで素敵ですね。ベッドリネンにはジム・トンプソンのシルクカバーが使われているそうです。

一室二名利用で4,000〜5,000B台が定価ですが、agoda、Hotels.comなどのホテル予約サイトでもっと安く泊まることができます。

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

建築やデザイン、歴史が好きな人にぴったりの素敵なホテル&カフェ。機会があればぜひ一度宿泊して、朝から王宮周辺観光を楽しみたいなぁ。ガヤガヤ、チープなだけではないバンコクの懐の深さをこちらのカフェで体験してみてくださいね。

一緒に訪れたい創業95年のハーブ薬局はこちら!

Traditional Thai Pharmacy and medicine "Baan Mowaan" 【バンコクのレトロ建築】まるで博物館。1924年創業の薬局「Baan Mowaan」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA