【バンコクおしゃれカフェ】旧市街の「Buddha & Pals」は穴場のノマドカフェ

バンコク旧市街のカフェ「Buddha & Pals」ブッダ&パルス

バンコクにはたくさんのおしゃれなカフェがありますが、立地の良いところやオープンして間もないカフェは、トレンドに敏感なローカルや観光客で常に混み合っていて、ちょっと落ち着けないなと思うことがあります。

自分もカフェの写真をよく撮っているので全く人のことは言えないのですが…(汗)。そんなブームが少し落ち着いた時期か、まだあまりメディアなどで紹介されていないカフェを一人で訪れるのがささやかな楽しみです。

今回紹介する「Buddha & Pals(ブッダ&パルス)」は、旧市街のデザインホステル「KANVELA HOUSE」に併設されたカフェです。築80年の建物の構造や床を残しながら、インダストリアル&ヴィンテージなインテリアのカフェにリノベされています。

今年の11月でオープン一周年を迎えるそうで、落ち着きを取り戻したちょうどいい空き具合になっているような気がします。

ホテルの紹介記事はこちら

バンコク旧市街のカフェ「Buddha & Pals」ブッダ&パルス 【バンコクおしゃれ宿】築80年の建物をリノベ。看板猫のいる旧市街のホステル「KANVELA HOUSE」

Buddha & Palsへのアクセス

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

近くにはBTS、MRTの駅はないので、パヤー・タイかラーチャテーウィー駅からタクシー利用がおすすめです。

Buddha & Pals
716 Krung Kasem Rd, Wat Sommanat, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10100
https://www.facebook.com/buddhaandpals/
営業時間:09:00〜20:00

Buddha & Palsのインテリア

「Buddha & Pals」「KANVELA HOUSE」はパトゥン・クルン・カセーム運河沿いにあり、どことなくヨーロピアンな雰囲気を漂わせています。赤いフレームのドアがアクセントになっていて可愛いです。

運河を眺められるテラス席もあります。天気の良い日はこちらも良さそうです。

調剤薬局やアーティストのアトリエを思わせる中国やヨーロッパの古道具や家具がミックスされていて、不思議と統一感のある空間です。

席数は40〜50くらいはあるでしょうか。どのテーブルにしようか迷ってしまうほど。この青いベロアのソファシートもかっこいいなぁ。

歴史を感じさせる柱と、天井のむき出しの鉄骨が男前な雰囲気。カウンター前の大きなシャンデリアも目を引きます。

Buddha & Palsのメニュー

Vintage Passion 135B

ブラッドオレンジとソーダがベースのジュースに、パッションフルーツとタイムを乗せたドリンク。ノンアルコールですがネグローニのような飲み口です。

オレンジ、イエロー、グリーンの色合わせが綺麗なドリンクです。

Spaghetti Seafood Tomato 240B

ちょうどランチの時間だったので、シーフードパスタをオーダーしました。こちらのカフェのシーフードパスタは、アーリオオーリオまたはトマトソースを選べます。

シーフードパスタはエビ、イカ、ムール貝がたっぷりと入った本格的な味。トマトソースですがニンニクと唐辛子がたっぷり入っていてアラビアータ風の味付けでした。とても美味しかったです!

フードメニューは有名イタリアン「Sensi」のシェフが監修しているそうで、納得の美味しさでした。

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

ホテル併設のカフェということもあり、wifi環境も抜群でノマドワークにも最適なカフェだと思います!広々としたクリエイティブな空間は集中力やインスピレーションを高めてくれそう。またゆっくり訪れたいカフェです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA