【バンコクおしゃれカフェ】タイ伝統菓子専門のデザートカフェ「Cher Cheeva Cafe」

Traditional Thai Dessert Cafe "Cher Cheeva Cafe" @Centralworld, Bangkok

タイの街中で、たまにカラフルな伝統菓子を売っているスイーツ屋台を見かけることがあります。ずっと気になりつつも、結構なボリュームのものが多いため、なかなか試すことができずにいました。

こんな感じの屋台です。ひとつ食べきれるかどうか迷うボリューム!
http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

お花やフルーツの形を模した細やかなデザインがタイ伝統菓子の特徴。せっかくなら少しずつ、いろんな種類を試したい…

友達何人かでシェアしたら、いろいろ試せるとは思うんですが、ぼっち属性の自分にはなかなかハードルが高い…。そんなおひとりさまにも優しい、タイの伝統菓子を少しずつティーセットで楽しめるカフェ「Cher Cheeva Cafe」がセントラルワールドの7階にオープンしています!

Cher Cheeva Cafeへのアクセス

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

BTSチットロム駅のデパート「セントラルワールド」の7階に、10月4日移転オープンしました。ちょっとわかりにくいのですが、7階レストランフロアの一番端っこ、インテリアの売り場の手前にあります。

Cher Cheeva Cafe
BTSチットロム駅下車、セントラルワールド7階
Central World 7th floor (ZEN)
https://www.facebook.com/chercheeva/
営業時間:10:00〜22:00

Cher Cheeva Cafeのメニュー

Cher Cheeva Cafeは、タイ中部ラーチャブリーのポーターラームで伝統菓子を販売する家に生まれたオーナーが、幼い頃から親しみ、魅了されたタイ伝統菓子の世界を現代に伝えたいという思いから始めたカフェです。カフェで提供しているメニューは、おばあちゃんから代々受け継いだタイの伝統的なお菓子のレシピを元にしているそうです。

とても素敵なコンセプトのカフェですが、デパートのレストランフロアの一角ということもあり、インテリアはシンプルな北欧風のテーブルと椅子、ソファ席でちょっと思っていた雰囲気と違うなぁというのが正直なところ。

セントラルワールドは、「Forest Bake」など人気のスイーツカフェを誘致していて「食」に力を入れていると思うのですが、デパート内で元々のお店が持っていた雰囲気をそのままに表現するのは難しそうだなぁと感じます。

それでも、カウンター周りにはたくさんの生花と可愛らしいタイ伝統菓子がケーキドームに入れて飾られており、目を楽しませてくれます。

手前の黄色いスイーツはカノムファクトーン。かぼちゃを使ったお菓子だそう。ういろうのようなモチモチの食感と素朴な甘さで、和菓子ととても近い印象。

さくらんぼにしか見えないこちらのお菓子はルークチュップ。緑豆の餡をフルーツの形に成形し、ゼラチンをディップしたお菓子。練り切りとよく似た手法で作られていますが、発色が鮮やかで表面がツヤツヤしているところが南国感たっぷり!

Yama High Tea Set A 480B

メニューは人数別に4種類のハイティーセットと、単品のカオニャオマムアンやアイスクリーム、ドリンクがあります。

私は6種類の伝統菓子とハーブティーがセットになったおひとりさま向けのYama High Tea Set Aをオーダー。タイらしい陶器のお皿や、かごに盛られたお菓子がとても美しいです。

Yama High Tea Set Aに入っているお菓子は下記の6種類です。どれも初めて食べるものばかりで興味津々。美しいデザインに魅了されますが、素朴で優しい甘みやおもちのような食感も日本人になじみやすいです。

  • カノムファクトーン…かぼちゃを生地に練りこんだういろうのようなお菓子
  • カノムサイサイ…ココナッツの千切りと煮詰めた砂糖をココナッツミルクと米粉を混ぜた生地に包んでバナナの葉にくるみ蒸し固めたもの
  • カノムチャン…タピオカ粉と上新粉でできた生地を何層にも重ねたういろうのようなお菓子
  • カノムタゴ…2層になったココナッツミルクのプリンをバナナの葉で包んだもの
  • ルークチュップ…緑豆の餡をフルーツの形に成形し、ゼラチンをディップしたお菓子
  • カノムクルアイ…バナナともち米をバナナの葉に包んで焼くデザート

セットのお茶は下記の中から一つをセレクトできます。単品で250Bのお茶なので、お菓子とセットなら少しお得な気がします。

  • ローズ&バタフライピーティー
  • ブルーミングティー
  • レモングラス&パンダン
  • レモン&ジンジャー
  • クリサンセマム(菊)
  • タイライスティー
  • ジャスミンティー
  • マンゴティー

私はローズ&バタフライピーをオーダーしましたが、香り高くさっぱりとした後味で、甘いお菓子と一緒に楽しむのにぴったりでした。

ティーセットは20〜30分ほど時間がかかるということでしたが、実際にはそこまで待つこともなくスムーズに提供されました。

お菓子はどれもとても上品な甘さで美味しかったですし、待っている間に他のお菓子をテイスティングさせてくれたり、ひとつひとつのお菓子を丁寧に説明してくれたりと、サービスの方がとても親切で居心地のいいお店でした!

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

せっかくとても素敵なお菓子だから、贅沢を言えばもっと伝統的なタイスタイルのインテリアだと最高!でも「セントラルワールド」でお買い物の途中に立ち寄るのは、穴場で良いかもしれません。

私のように、タイ伝統菓子をまだ食べたことがなかったり、少しずついろんな種類を試したいという方には、ここのティーセットがトライしやすいと思います。

4人用のセットは、16種類の伝統菓子に、スペシャルメニュー、アパタイザー、カオニャオマムアン、ポットティーが付いて980Bととってもお得! 奥が深く、一度食べるともっと知りたくなるタイスイーツの世界、まずはこちらのカフェで気軽に体験してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA