バンコクでブームの予感!「CHU Restaurant & Bar」のニューウェーブ中華

先日ネイルサロンに行くために、初めて通ったスクンビット・ソイ49の道でとても気になる看板を見つけました。

通りに面しているのはこんな感じです。店の様子がほとんどわからないのですが、どうやら中国家庭料理のレストラン&バーのよう。

「私房菜」とは「プライベートキッチン(レストラン)」のことで、北京や香港、マカオでこの形式の名店が増えていると耳にしたことがあるので、その系譜にあるお店なのかな?という予測を立てつつ…Google Mapsやネットの記事でもほとんど情報の無いお店だったので、早速お昼の時間帯に潜入してきました。

扉を開けると別世界!おしゃれなニューウェーブ中華

おそるおそるドアを開けて中に入ってみると、想像以上に開放的な空間が広がっていました。京都の町家のような奥行きのある構造です。奥にカウンターがありますが、キャッシュオンではなくテーブルに注文を取りに来てくれます。

肉骨茶 120B、小ライス 15B

こちらのお店は肉骨茶(バクテー。漢方スープで豚スペアリブを煮込んだもの)がおすすめのようです。シンガポールやマレーシアでよく食べられている料理ですが、バンコクではあまり見かけなかったのでオーダーしてみました。

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

こちらの肉骨茶は野菜や揚げパンが付かないシンプルなタイプ。胡椒のパンチが強いしっかりした味わいのスープとホロホロのスペアリブが美味しい!2種類の付けダレで味変して食べるのがおすすめです。

仙草ゼリー 45B、ジャスミンティー 50B

油をよく使う中華料理の食後にぴったりの、さっぱりとしたデザートも豊富です。こちらのお店ではタイで人気の仙草ゼリーに、キンモクセイのシロップをかけていました。食べ応えのある食感のゼリーとほのかな甘みのシロップがとても美味しく、食後でもぺろっと食べてしまえます。

おしゃれな二階フロアがおすすめ!

4月にオープンしたばかりという店内は、とても明るくポップな雰囲気。中央の螺旋階段を上ると、またまたびっくりのおしゃれ空間が展開されていました。

中央に円卓のスペースがあり、それを取り囲むようにボックスシートや二人がけの席が配置されています。席数が多いので、大人数でわいわい楽しむ時にも安心です。

円卓は6人がけ。椅子のデザインが少しずつ違うところも洒落ています。

こちらは喫煙席。喫煙専用スペースにしておくのはもったいないほどの可愛いデザインです。

二階の利用は17時以降とのことですが、特別に撮影させていただきました。お昼やデザートはさっと一人で食べに来て、夜は家族や友達数人と一緒に楽しむという使い方が良さそう。おしゃれなバーが併設されていて、週末はDJイベントも行なっているそうです。

こんなプロモーションもあります!

バンコクの「ニューウェーブ中華」と呼ぶにふさわしい「CHU Restaurant & Bar」。毎日18時〜21時は、お得なプロモーションをやっています。

  • ワイン、カクテル、ビールのフリーフロー(飲み放題)799バーツ
  • オーガニックワインのフリーフロー 999バーツ

私はそんなにお酒が強くはないですが、バンコクはワインが高いのでこれは嬉しい!ぜひ次回は夜に再訪したいと思っています。

CHU Restaurant and Bar
1/4 Soi Sukhumvit 49(Klang) Sukhumvit Rd, Kwaeng Klongton Nua, Khet Wattana, Bangkok 10110
営業時間:11:00〜深夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA