2019年版・バンコクの物価ってどんな感じ?家賃相場と月額サービス編

バンコクにやってきて2週間が経過。住んでいるアパートには家電や家具も一通り揃っているし、日本から送った船便の荷物も届いたので、すぐ生活に困ることはなかったのですが、現地で契約する必要があったものや、細々した日用品と食料品の物価の感覚が掴めてきたのでブログにまとめておきたいと思います。

バンコクの住宅事情は?家賃相場はどのくらい?

まだまだ街のいたるところで大型開発が行われていて活気のあるバンコク。世界中のあらゆる企業の支社があり、駐在員も多く住んでいることから街の中心エリアには高級タワーマンションやコンドミニアムが立ち並んでいます。

ダンナがホテル暮らしをしている時に、私もバンコクへ行って一緒に物件を見て回ったのですが、日本人が多く住むスクンビットエリアの家賃は東京とほとんど変わらないなと思いました。

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

スクンビットエリアは東京で例えると新宿区とか港区みたいな感じ?タワマンや商業施設、飲食店が無数にある都会です。スクンビット通りを挟んで北側と南側でも賃料が結構違ってきます。


私は石川商事さんのサイトで物件情報をリストアップしていたのですが、次のような条件で探すと大体60,000〜80,000THB(約210,000〜280,000円)くらいの物件が多かったです。

  • BTSナナ〜エカマイ駅から徒歩15分以内
  • 2ベッドルーム
  • 築浅(できれば5年以内)
  • バスタブ付き
  • プール、ジムなどのファシリティがあること
  • 日本人向けエリア過ぎないこと
  • 調度品や室内デザインがシンプル、モダンな感じ
  • シャトルサービスがある

このPALA Residenceとかめちゃくちゃ素敵!と動画を見てテンションが上がったのですが、ちょっと不便なエリアだったので却下されました…。

http://dii-bangkok.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_5795A8BFBD31-1.jpeg
mami

結局6軒目に見たアパートに即決!上の条件はほぼ満たしていて、アクセスが良いエリアなので気に入っています。キッチンが日本のワンルーム並みに狭いこと以外は…泣

家族構成によって必須の条件は違うと思いますが、実際に住み始めて思ったのが

  • プールとジム全く使ってない
  • お水にやや不安があるし、追い焚きもできないのでバスタブ1回しか使っていない
  • 夫婦二人なのでサービスアパートメントのようなメイドサービスはいらない

ということでした。せっかくなのでジムくらいは今後使っていきたいと思います。あと驚いたのが、4月に部屋を決めて、入居が7月でほぼ3ヶ月空き部屋のまま家賃発生もなく部屋をキープしてくれたのはとても良心的だなと思いました。日本の不動産屋さんだとゴリゴリに契約迫られますよね(笑)。

到着後すぐに現地で契約したもの

電気、水道、インターネットはアパートとの契約なので入居してすぐ使うことができたのですが、そのほかに下記の月額サービスを契約しました。

  • 携帯電話
  • 浄水器
  • インターネットテレビ

タイの携帯電話

Female hands using mobile phone at sunny day in workplace.Horizontal. Blurred background

携帯電話はberry mobile(ベリーモバイル)のギガMAXバリューというプランで6GBのデータ通信、100分のタイ国内無料通話が付いて月額999THB(約3,500円)。日本のような50GBや動画SNS見放題みたいなプランはないのでやや割高な気もしますが、WiFiが使えるところも多いし家にいることも多いので十分かも。端末は日本で使っていたiPhone XRのSIMを差し替えて使っています。

浄水器

バンコクに来てすぐの飲料水や料理に使う水はミネラルウォーターでしのいでいたのですが、私は結構料理を作るので、浄水器をCKMA PENGUIN WATERでレンタル契約しました。
シンク下にろ過装置を設置して純水にするタイプのもので、日本人スタッフが設置工事に来てくれました。水道水と、浄水器にかけたお水の不純物測定チェックをしてもらったところ

水道水:150ppm
浄水器にかけた水:5ppm

という結果になりました。5〜10ppmの数値であれば飲用、料理用に安心して使えるそうで、毎日のコーヒーや料理用に使っています。味や匂いも全く問題ないです! 月額のレンタル料は1,000THB(約3,500円)で、2ヶ月おきにフィルター交換してもらえます。

1.5Lのペットボトル水は15THBくらいで売っているのですが、1日2本くらいは消費するので、買い物の手間やゴミの量を考えると良心的な値段じゃないかなぁと思います。ちなみに水道代は20THB/1ユニット(1㎥)で計算されるそうですが、夫婦二人の場合大体200〜400THBで収まるようです。浄水器分を入れると、水道代の合計としては日本よりやっぱり高く付いているなあという感じです。

インターネットテレビ

私の住んでいるアパートでは、入居当初日本のテレビがNHKしか映らなかったので、日本のテレビ番組が合計46チャンネル見放題のインターネットテレビをWillfonで契約しました。

リアルタイム視聴はもちろん、2週間前までの番組視聴もできて、地上波・BS・CSもほとんど観られるのに月額800THB(約2,800円)と激安です。日本にいるときはスカパー!プレミアムに入っていたけど、NHKと合わせてかなりの金額になっていたのでとても満足しています。

今回はバンコクで生活する上で知っておきたい住宅事情や、早い段階で契約したいサービスについてご紹介しました。次回は日用品・食料品について自分のレシートチェックをしながらご紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA